×

ロッテ田村、9回2死から決勝適時打!長期遠征6勝1敗1分けで乗り切る

[ 2021年8月29日 20:48 ]

パ・リーグ   ロッテ1―0楽天 ( 2021年8月29日    楽天生命パーク )

<楽・ロ18>9回2死二、三塁、適時打を放つ田村(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ロッテが福岡、札幌、仙台と続いた長期遠征を6勝1敗1分けで乗り切った。

 遠征最後の試合は、0―0の9回2死二、三塁から途中出場の田村が左前へ決勝適時打を放ち、接戦を制した。

 殊勲打の田村は「勝つと引き分けじゃ、ビジターでは全然違う」と振り返る。宋家豪の10球目チェンジアップを捉えたもので、まさに粘り勝ちだった。4連勝で本拠地に戻ることになった井口監督も「いい集中力を持っていた。集中力の高い選手なのでね」とヒーローを称えた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月29日のニュース