×

相変わらず打てない中日 代打・高橋周の適時打による1点で完敗 後半戦も得点力不足は顕著

[ 2021年8月29日 17:30 ]

セ・リーグ   中日1ー5巨人 ( 2021年8月29日    バンテリンD )

<中・巨(20)>7回2死一塁、中日の代打・高橋周は左中間適時二塁打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は打線が散発5安打で1点しか奪えず、巨人に完敗した。

 相手先発・高橋に5回までわずか2安打。3点を追う5回は、3四球をもらい1死満塁と一発出れば逆転の好機をつくったが、京田、福田が倒れ無得点に終わった。

 7回2死一塁から不振が続く高橋周が代打で意地の適時二塁打を放ち、零敗を阻止するのがやっと。後半戦は14試合で34得点。1試合平均2・43点という得点力不足が顕著となっている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月29日のニュース