×

巨人・ビエイラ 球団新記録の30試合連続無失点達成!「感慨深い。感謝の気持ちでいっぱい」

[ 2021年8月29日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人1―1中日 ( 2021年8月28日    バンテリンD )

<中・巨>30試合無失点の球団新記録を達成したビエイラはボードを手に笑顔を見せる(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ブラジリアン右腕が球団史に名を刻んだ。巨人・ビエイラが、球団新記録となる30試合連続無失点を達成。2番手で登板した9回をわずか5球で3者凡退に抑え「本当に感慨深い。感謝の気持ちでいっぱい」と喜んだ。

 日系2世のコーチに野球を教わり、走り込み重視の日本式の練習をしてきた。宮本投手チーフコーチも「世界一練習するピッチャー」と認めるチーム随一の「練習の虫」だ。初出場した球宴の試合前も他球団の選手がベンチへ引き揚げる中、黙々と外野グラウンドでダッシュを繰り返し、近くで見ていたDeNA・山崎らを驚かせた。この真摯(しんし)に取り組む姿勢が好投を支える。

 昨季は制球力が課題だったが、今季途中から守護神を務めて14セーブ。原監督は「全ての球種でストライクを取れるようになった」と成長を評価する。13日の中日戦では日本最速166キロをマークした剛腕は「周りの人にエネルギーを与えるようになっているのは、本当にうれしい」と笑顔。首位・阪神を追走する原動力となる。(田中 健人)

 ≪外国人最多は11年ソフトバンク・ファルケンボーグの31≫ビエイラ(巨)が5月3日広島戦から30試合連続の無失点。連続試合無失点のプロ野球記録は今季平良(西)の39試合だが、巨人では12年高木京の29試合を抜く球団新記録になった。また、外国人の最多記録は11年ファルケンボーグ(ソ)の31試合連続無失点で、タイ記録に王手をかけた。

 ≪主要3球種の被打率向上≫ビエイラは主要3球種の被打率がいずれも昨季よりも向上している。直球は・261から・222、ツーシームは・300から・154に。特に顕著なのはスライダーで・250から・064と向上し、打者を圧倒している。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月29日のニュース