×

阪神・糸井 スタメン復帰あるぞ!代打から2打席連続安打に右翼も守った「もう必死」

[ 2021年8月29日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神6ー7広島 ( 2021年8月28日    マツダ )

<広・神>4回、代打・糸井は右翼線二塁打を放ち、激走する(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 少ないチャンスでも18年目40歳の研ぎ澄まされた集中力が光る。阪神・糸井が代打で反撃の起点をつくるなど、途中出場からの2安打で存在感を示した。

 「もう必死だった。久々に(右翼も)守ったけど、負けて、ホンマに悔しい。まあ、与えられたところで全力でやっていくしかないし、そのために準備をしっかりするだけなので」

 1―5の4回無死一塁で村上に代わって登場。カウント2―1から野村の高めカットボールを右翼線へ二塁打を放ち、二、三塁へ好機を広げた。近本の適時打を呼び、中野の右犠飛では3点目の生還。27日に代打通算71打席目で初の適時打を放ち、勝負強さを発揮したばかり。勢いは衰えなかった。

 4回裏からは三塁に回った佐藤輝に代わって右翼に就き、3―5の6回先頭で迎えた2打席目も魅せた。ケムナとの対峙(たいじ)でカウント1―2と追い込まれてからだ。4球目のフォークに食らいついてファウルにすると、続くカーブは見極めて平行カウントへ。さらに4球ファウルで粘り、最後は10球目の外角カーブにタイミングを合わせるようにして中前打を放った。

 まさに粘り勝ち。ベテランの執念から打線はつながり、ロハスの適時打で糸井は2得点目を記録した。連夜の健在ぶりで、矢野監督にも「嘉男がいい形でいってくれたからこういう試合になった。まだまだ元気なところ見せてくれている。続けてやってくれたら」と評価された。

 対照的に右翼で先発を続けてきた佐藤輝に快音は響かず、24打席連続無安打の停滞中。再び首位陥落の危機に立たされた。苦境打開へ、糸井が5月9日のDeNA戦以来の先発右翼に戻る可能性も出てきた。(長谷川 凡記)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月29日のニュース