オリ西野は左胸部打撲 23日の練習試合で負傷

[ 2021年2月24日 14:53 ]

 オリックスは24日、西野真弘内野手(30)が宮崎市内の病院を受診し「左胸部打撲」と診断されたと発表した。今後は状態を見て判断する。

 西野は23日のロッテとの練習試合で負傷。「8番・三塁」で先発出場。初回1死二塁の守備で、中村奨のゴロを処理した際に、二走・福田秀を三塁手前でタッチアウトした時に左胸付近を打ち付け、途中交代していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月24日のニュース