優勝候補の中京大中京は「しんがり」登場 151キロ右腕・畔柳は自己最速更新にも意欲

[ 2021年2月24日 05:30 ]

第93回選抜高校野球大会組み合わせ抽選会 ( 2021年2月23日 )

対戦相手が決まり、抱負を述べる中京大中京の原尚輝主将(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 優勝候補の一角をなす中京大中京は6日目第1試合の「しんがり」登場。151キロ右腕の畔柳(くろやなぎ)亨丞(2年)は「チームを勝たせるのが自分の役目」とした上で「勝ち上がっていくにつれて151キロ以上のスピードが出たらいいなと思っています」と自己最速更新にも意欲をみせた。

 22日夜には中学時代に敗れ、対戦を熱望する市和歌山・小園とLINEで「明日、抽選会だね」と連絡を取り合ったという。互いに準決勝まで勝ち上がれば対戦が実現する。

 チームとして狙うのは東邦に並ぶ選抜最多5度目の優勝。“しんがりV”は近年では17年大阪桐蔭が達成しており実力があれば可能。「昨年のエースの高橋宏斗さんが甲子園(交流試合)であれだけの投球をされた。自分もああいう投球ができるように」。次がなかった先輩の分まで、聖地で腕を振る。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月24日のニュース