八戸西 具志川商と21世紀枠対決 宮崎主将「勝利で恩返ししたい」

[ 2021年2月24日 05:30 ]

第93回選抜高校野球大会組み合わせ抽選会 ( 2021年2月23日 )

対戦相手が決まり、抱負を述べる八戸西の宮崎主将
Photo By 代表撮影

 16年の釜石(岩手)と小豆島(香川)以来3度目となる、21世紀枠対決が決まった。

 八戸西(青森)の宮崎一綺主将(2年)はともに初出場の具志川商との対戦に「同じ21世紀枠。相手は投手中心に守備力、機動力もある自分たちと似た野球をしてくる。しっかり打ち勝ちたい」と言った。

 八戸高等支援学校の生徒たちとスポーツ交流会などを実施。支援学校の生徒が傷んだ硬式球に白いテープを巻いてくれる「絆のボール」で冬場に練習に取り組んできた。

 宮崎主将は「支援学校、地域の方の応援に勝利で恩返しをしたい。自分たちのモットーでもある明るく礼儀正しくやっていきたい」。1メートル89の長身右腕・福島蓮(2年)を中心に、聖地での1勝を狙う。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月24日のニュース