東海大菅生、聖カタリナ学園と対戦 栄主将「日本一しか見えていない」

[ 2021年2月24日 05:30 ]

第93回選抜高校野球大会組み合わせ抽選会 ( 2021年2月23日 )

オンライン抽選に臨む栄塁唯主将(撮影・柳内 遼平)
Photo By スポニチ

 東海大菅生(東京)の「ス」のクジを引いた栄塁唯(るい)主将(2年)は聖カタリナ学園との対戦が決まり「日本一しか見えていない」と力を込めた。

 本来は中堅のレギュラーだが、昨年夏に右肘を疲労骨折し、9月に手術。昨秋は出場なく、今も骨を固定する2本のボルトが入っている。「(甲子園に)連れてきてもらった。次は助けられるプレーをしたい」と意気込み、若林弘泰監督も「ケガがなければ1、3番で仕事をしていた。暴れてほしい」と期待を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月24日のニュース