広島ドラ1栗林 見えた!勝利の方程式入り 今春最速150キロ&3者凡退で佐々岡監督「使ってみたい」

[ 2021年2月24日 05:30 ]

練習試合   広島4-0中日 ※特別ルール ( 2021年2月23日    沖縄・北谷 )

<r練習試合 中・広>8回1イニングを抑えた栗林(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 広島ドラフト1位・栗林良吏投手(24=トヨタ自動車)が23日、中日との練習試合(北谷)に8回から4番手で登板し、1イニングを3者凡退に抑える好救援を見せた。今春最速となる150キロを計測し、勝負球のフォークで空振り三振も奪った。佐々岡監督は今後の起用法について明言を避けたものの「勝利の方程式」入りにふさわしい投球内容を披露した。

 栗林が、早くも相手を圧倒し始めている。登板した8回先頭の高松は、低めいっぱいの直球を続けて追い込むと、決め球のフォークで平凡な投ゴロ。さらに続く根尾への投球内容は、圧巻だった。

 初球の外角低め直球が今春最速となる150キロを計測し、2球目も149キロを内角低めへ。捕手のグラブが微動だにしない制球力でまたも簡単に追い込むと、カウント1―2からの4球目にフォークを選択した。直球の軌道から鋭く落とし、根尾の体勢を崩して空振り三振。岡林にはカットボールも見せながら追い込み、最後はカーブで二ゴロに抑えた。

 「ストライク先行でいけたので良かったと思います。“50”が出たのは、すごくいいこと。(フォークを)低めに投げ切れれば、ああやって振ってくれることもある。そこの精度を大事にしたい」

 春季キャンプ中に先発か救援かを見極める方針だった中、対外試合初登板だった17日の巨人戦から2試合続けて1イニング限定での登板となった。今後の起用法について佐々岡監督は「(先発候補の)6、7人に入るのか、後ろにするのか、いい悩みとしていいんじゃないの」と今回も明言は避けた。ただし、ここまでの調整法を考慮すれば、勝ち継投に入って開幕を迎える可能性は大いにある。「こういう投球をしたら(救援なら勝ちパターンで)使ってみたいというのはある」と、指揮官も救援としての適性は認めて太鼓判を押した。

 救援陣の整備は、今春最大の懸念材料だ。抑え筆頭候補のフランスアが新型コロナ感染で出遅れ。塹江、ケムナらも今後の結果次第と、「勝ちパターン」は流動的だ。社会人時代に救援経験のある栗林が入れば、間違いなく厚みは増す。

 「ある程度、プロの(中継ぎの)流れはつかめてきた。準備だけではなくて、マウンド上でもプロの間が分かってきた。自分のペースにしっかりと持ってきて、常に慌てないようにいきたい」。起用法に関係なく、完全体の一歩手前にまで仕上がっている。(河合 洋介)

 ▼中日・与田監督(栗林について)低めの球は角度があり威力がある。警戒していかないと。

 ▼広島・横山投手コーチ(栗林について)今日が一番良かった。真っすぐが制球できた中で腕も振れていて、すごくいい内容だった。(中継ぎ適性は)あると思う。大道、森浦と新人3人が刺激し合いながらいい内容を見せてくれている。

 《先発争いのスコット、矢崎、中村祐がそろって快投》先発の座を争う3人がそろって結果を出した。スコットが3イニングを、矢崎と中村祐は2イニングをそれぞれ無失点に抑え、首脳陣を喜ばせた。開幕ローテーションは大瀬良、九里、森下が確定。残り3枠を6~7人で争う構図だ。21日の阪神戦で途中降板し、別メニュー調整していた床田もこの日からキャッチボールを再開。激化する争いに、横山投手コーチは「誰にでもチャンスはある。さらにいい内容でアピールしてほしい」と期待した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月24日のニュース