ヤクルト・内川 「ホッとした」移籍後初安打がタイムリー、ベンチからは「さすがでーす!」

[ 2021年2月24日 05:30 ]

練習試合   ヤクルト5ー10巨人 ( 2021年2月23日    浦添 )

<ヤ・巨>初回2死一、二塁、内川は同点適時打を放ちコーチとグータッチ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 「5番・一塁」で出場したヤクルトの内川が移籍後初安打となるタイムリーを放った。初回2死一、二塁で平内の151キロ内角直球を中前へ。中軸を組んだ山田、村上と3連打で得点を奪い、ベンチからは「さすがでーす!」や「ウッチー!」などの声が飛んだ。

 実戦2試合目、3打席目での初安打に「ホッとした。1スイング目で打ち返すことができた」と笑顔。試合前の円陣では声出しも担当するなど溶け込んでいる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月24日のニュース