巨人ドラ1平内 “洗礼”3回7安打5失点「レベルを上げていかないと」

[ 2021年2月24日 05:30 ]

練習試合   巨人10-5ヤクルト ( 2021年2月23日    浦添 )

練習試合<ヤ・巨>2回、山田(手前)に同点2ランを浴び、ガックリの平内(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 先発した巨人ドラフト1位・平内が3回7安打5失点とプロの洗礼を浴びた。直球は最速151キロを計測したが「これがプロの1軍のレベル。制球力ももちろんだが、一球一球のレベルを上げていかないとこのままでは無理」と現実を受け止めた。

 2回は広岡と山田に本塁打を被弾。山田には抜けたスライダーを左翼ポール際に運ばれ「超一流と呼ばれている人のレベルなのかなと感じた。たくさん反省が出たのが収穫」と振り返った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月24日のニュース