悲願の日本一へ 健大高崎が下関国際と対戦 高校通算23本塁打の森川「ホームラン2本」誓う

[ 2021年2月24日 05:30 ]

第93回選抜高校野球大会組み合わせ抽選会 ( 2021年2月23日 )

初戦の相手が下関国際に決まり「日本一」を掲げセンバツに挑む健大高崎・小沢主将(中央)らナイン(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 高崎健康福祉大高崎(群馬)は大会初日の第3試合で下関国際との対戦が決まった。

 高校通算23本塁打の森川倫太郎(2年)は「(下関は母親の故郷で)お母さんは複雑かも」とおどけた。

 チームは昨秋の公式戦は10試合で15本塁打をマークするなど、破壊力は全国トップクラス。「チームの目標は日本一、全国制覇。自分自身はホームランを打つことが目標。2本打てたら」と心待ちにした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月24日のニュース