東海大相模、初戦で系列校・東海大甲府と激突!昨秋関東大会サヨナラ負けのリベンジだ

[ 2021年2月24日 05:30 ]

第93回選抜高校野球大会組み合わせ抽選会 ( 2021年2月23日 )

対戦が決まった東海大相模の大塚瑠晏主将(左)と東海大甲府の三浦諒太主将
Photo By 代表撮影

 特別なセンバツは同県出場校以外はフリー抽選が採用され、大会史上最多3カードの初戦の同地区対決が決まった。近畿、九州対決は昨秋の地区大会決勝と同じ顔合わせ。関東対決の東海大相模(神奈川)―東海大甲府(山梨)は、両校ともに春夏通じて初の甲子園での系列校対決となった。

 聖地で雪辱を果たす機会が訪れた。出場校最後の32番目の抽選。東海大相模の大塚瑠晏主将(るあん=2年)がクジを引き、唯一空いていた東海大甲府の隣に名前が並んだ。

 「関東大会で負けているので一戦必勝で戦いたいです。日本一を目指します」

 大塚主将が振り返った昨年の関東大会。準々決勝で9回まで1―0でリードも、最終回に2点を奪われサヨナラ負けを喫した。門馬敬治監督が「最も悔しい試合でした」と振り返った敗戦だった。8回まで無失点投球だった最速142キロ左腕・石田隼都(2年)は「詰めの甘さを実感した。全試合に投げて無失点でチームに貢献したい」と大舞台での再戦に思いを強くした。

 関東地区対決であり、東海大系列の同門対決。東海大甲府・村中秀人監督は、巨人・原監督と同期で門馬監督と同じ東海大相模OBでもある。さらに村中監督が東海大相模監督時代に門馬監督はコーチだった間柄。手の内は知り尽くしている同士だ。ユニホームのデザインはほぼ同じだが、相模はやや濃いブルー、甲府はややグレーが基調。昨秋の対戦では混乱はなかったが、伝統のタテジマでの再戦は初戦の注目カードになる。

 東海大系列では1983年夏の1回戦で東海大一(現東海大静岡翔洋)と東海大二(現東海大熊本星翔)が対戦。今回は両校とも聖地での系列対決は初めてだ。「絶対にリベンジしたい」と大塚主将。門馬監督は「付属校同士の試合になりますが、昨秋の敗戦によって気づかされた自分たちの弱さを克服し、生まれ変わったチームとして臨みたいと思います」と力強かった。(柳内 遼平)

 ▼巨人・原監督(母校・東海大相模と東海大甲府の東海大系列同士の初戦に)できれば決勝戦で当たってほしかった(笑い)。同じ本当の門下だから、いい試合になるでしょう。秋は、甲府が勝っているからね。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月24日のニュース