巨人ドラ5秋広 恩師の言葉「おごるな」胸に…注目集めても変わらない謙虚さ

[ 2021年2月24日 05:30 ]

練習試合   巨人10ー5ヤクルト ( 2021年2月23日    浦添 )

<ヤ・巨>勝利しハイタッチをする巨人ナイン。秋広(奥)の大きさが目立つ(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 巨人のドラフト5位・秋広優人内野手(18=二松学舎大付)が23日、ヤクルトとの練習試合で実戦初長打となる2本の二塁打を放った。原辰徳監督(62)の指導で打撃フォームを改造。対外試合では初マルチ安打と初タイムリーをマークし、勝利に貢献した。身長2メートルの規格外ルーキーが、高卒新人では1959年の王貞治以来62年ぶりとなる巨人史上2人目の開幕スタメンへ挑む。

 【記者フリートーク 巨人担当・小野寺大】1軍に昇格し、大きな注目を集めるようになっても謙虚な姿勢は変わらない。それは母校・二松学舎大付の市原勝人監督(55)から言われ続けた「おごるな」という言葉が胸に刻まれているからだ。1軍昇格時に恩師に連絡した際にも「謙虚に」と言われ「3年間教わっているんで特におごることはなく、来られたかな」という。

 坂本から「僕より飛ばす。純粋に凄い」と褒められたら、普通の18歳なら浮ついた姿が出ても不思議ではない。秋広は全く変わらず、取材でも相手の目を見て丁寧に受け答えする好青年だ。この日も2安打と結果を残しても「打ったとしても打てなかったとしても、凄い勉強になる」と言った。おごりはない。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月24日のニュース