東海大甲府、東海大相模との初戦「挑戦者のつもりで」昨秋関東大会ではサヨナラ勝ち

[ 2021年2月24日 05:30 ]

第93回選抜高校野球大会組み合わせ抽選会 ( 2021年2月23日 )

対戦が決まった東海大相模の大塚瑠晏主将(左)と東海大甲府の三浦諒太主将
Photo By 代表撮影

 東海大甲府(山梨)の三浦諒太主将(2年)は昨秋勝利した東海大相模(神奈川)との初戦にも「挑戦者のつもりでやりたい」と油断はなかった。

 その上で、東海大相模の最速142キロ左腕・石田隼都(2年)を警戒。「秋の大会では5安打に抑えられた。石田投手を打てるような練習をしていかないと」。4強入りした昨秋の関東大会は準々決勝の東海大相模戦は2得点、常総学院との準決勝は無得点。課題の打線強化で系列対決を制す。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月24日のニュース