DeNA・佐野 チーム対外試合1号!「打った瞬間入ると思った」

[ 2021年2月24日 05:30 ]

練習試合   DeNA4-1阪神 ( 2021年2月23日    宜野座 )

<練習試合 神・D>4回、佐野は中越えに逆転の3点本塁打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 昨季首位打者のDeNA・佐野が、0―1の4回にチームの対外試合1号となる逆転3ラン。今季通算10打席目で飛び出した待望の一発に「打った瞬間入ると思った。一球で捉えることができてよかった」と声を弾ませた。

 無死一、二塁、2ボールから小野の144キロ直球を強振し、バックスクリーン右に弾んだ。「少しずつ感覚が良くなっている」と手応えを口にした不動の4番に、三浦監督も「しっかり調整している」と目を細めていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月24日のニュース