広島・羽月 1打席でアピール成功「チャンスは少ないので、結果を出さないと」

[ 2021年2月24日 05:30 ]

練習試合   広島4-0中日 ※特別ルール ( 2021年2月23日    沖縄・北谷 )

<練習試合 中・広> 7回2死二、三塁、羽月は中前に2点適時打を放つ(投手・木下雄)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 広島・羽月が1打席でアピールに成功した。

 5回に田中広の代走として途中出場。2―0の7回2死二、三塁で1ストライクからの木下雄のカットボールを中前への2点適時打とした。

 21日の阪神戦は「2番・二塁」でフル出場も、主力が先発に並んだこの日は1打席のみ。「何も考えずに自分のスイングをしようと思った。チャンスは少ないので、その中で結果を出さないといけない。いい準備をしていきたい」と1軍生き残りを誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月24日のニュース