21世紀枠・三島南、甲子園初対戦は鳥取城北 野球教室で指導した子供たちの応援「力に変える」

[ 2021年2月24日 05:30 ]

第93回選抜高校野球大会組み合わせ抽選会 ( 2021年2月23日 )

対戦相手が決まり、感想を述べる三島南の伊藤侍玄主将
Photo By 代表撮影

 三島南(静岡)は21世紀枠で春夏通じて初の甲子園出場。抽選に臨んだ伊藤侍玄(じげん)主将(2年)は鳥取城北について「投打にバランスが取れている」と分析し「自分たちの100%の力を発揮できるようにやりたい」と話した。

 
 センバツ出場決定後は14年から続ける野球教室で指導した子供たちから多くの応援メッセージが届いており「それも力に変えて」と聖地1勝を目指す。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月24日のニュース