日本ハム・上沢 開幕戦見据え、まいた“種”…2つの球種を解禁「使える」

[ 2021年2月24日 05:30 ]

練習試合   日本ハム0-2楽天 ( 2021年2月23日    名護 )

力投する先発の上沢(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 【キャンプ追球 ここにFOCUS】種をまいた。2つの異なる種を。開幕投手に決まった日本ハムのエース上沢は開幕戦の相手でもある楽天打線に対し、2つのボールの封印を解いた。

 「今しかできない配球がある。追い込んでの緩いカーブと右(打者)へのチェンジアップは今まで自分の中で消していたけど、使えるなと」。初回1死から小深田をカウント1―2から103キロのカーブで二ゴロ。小深田の上体は完全に前に突っ込まされていた。3回は右の太田に対し、カウント2―1から内角低めのチェンジアップで空振り。これが効いて最後は143キロ直球で空振り三振だ。

 右打者の内角へのチェンジアップは、抜けると死球の危険があることなどから封印。2ストライク後のカーブも、速いナックルカーブしか投げていなかった。その2つのボールをあえて試投。使える手応えとともに、楽天打線へ意識付けもできた。「チェンジアップは収穫。(緩い)カーブも(楽天の打者の)頭に入ってアクセントになれば」。捕手の鶴岡はそう言った。

 2つの種がどんな花を咲かせるか。3・26開幕へ、上沢の一つの準備が完了した。(秋村 誠人)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月24日のニュース