ロッテ佐々木朗希 昨年5月以来の実戦形式で149キロ 「どれだけストライクゾーンで勝負できるか意識」

[ 2021年2月24日 17:24 ]

石垣島2軍キャンプでシート打撃に登板したロッテ・佐々木朗希投手
Photo By 提供写真

 ロッテ・佐々木朗希投手が24日、石垣島2軍キャンプでシート打撃に登板した。昨年5月下旬以来となる実戦形式で、打者4人に対して計17球、1安打、2三振を奪い、最速149キロを計測した。

 詳細は次の通り。

 (1)高浜(1死2塁)空振り三振
 (2)山本大斗(1死2塁)空振り三振
 (3)平沢(1死3塁)右中間三塁打
 (4)西巻(1死3塁)中飛。

 ▼佐々木朗 今日は久しぶりの実戦形式という事で自分のボールに対して打者がどのような反応をするのかを見たいと思っていました。あと、どれだけストライクゾーンで勝負できるかも意識しました。前回のフリー打撃に登板した時よりもしっかりとボールをコントロールしながら投げることができたと思います。まだ高めに浮いた球もあったので修正しながら次に生かしたいと思います。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月24日のニュース