ロッテ・石川 今季実戦初登板、初回被弾も井口監督「徐々に上げてくれれば」

[ 2021年2月24日 05:30 ]

練習試合   ロッテ6―10オリックス ( 2021年2月23日    SOKKEN )

<練習試合 オ・ロ>ロッテ先発・石川(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 昨季開幕投手を務めたロッテ・石川が今季実戦初登板し、2回を3安打1失点で最速151キロを計測した。初回に太田に150キロ直球を右翼席に運ばれたが「今年初めてだったので、ブルペンで練習してきたことをやろうとした」と直球を主体に投げ込んだ。

 井口監督も「開幕に向けて徐々に上げてくれればいい」と信頼。美馬らと開幕投手候補に挙がるが、2カード目初戦の3月30日楽天戦(ZOZOマリン)先発が有力だ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月24日のニュース