西武ドラ6・ブランドン 対外試合初打席で“1号”2ラン、あるぞ開幕三塁「そうなったらうれしい」

[ 2021年2月24日 05:30 ]

練習試合   西武2-3ソフトバンク ( 2021年2月23日    アイビー )

2回無死一塁、左越え2ランを放つブランドン(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 西武のドラフト6位、タイシンガー・ブランドン大河内野手(22=東農大北海道オホーツク)が23日、チーム初の対外試合となるソフトバンク戦に「8番・三塁」で先発出場。2回に自身初でチーム対外試合1号となる2ランを放った。パ・リーグの新人としてもプロ初アーチ。日本シリーズ4連覇中の宿敵を相手に強烈な印象を残し、開幕スタメンへ猛アピールした。

 ソフトバンクへの名刺代わりの豪快な一発は、狙い打ちとパワーが詰まったものだった。2回無死一塁。ブランドンが対外試合初打席で左翼芝生席に叩き込んだ。

 「ストレートの速いピッチャーというのは分かっていたので、真っすぐに絞って真っすぐのタイミングで振りました」。杉山の146キロ直球に左肘を素早く畳んでフルスイング。「ちょっと詰まりました。真芯ではなかった」と振り返ったが、軽々と放り込んだ。ドラフト4位の若林(駒大)がチーム初安打となる左前打を放った直後。目の前で同期が躍動し「若林がポンッと打っちゃって、自分もどうにかしよう」とアピールに燃えていた。

 米国人の父を持つブランドンはキャンプでも初の実戦形式となるシート打撃でチーム1号。宿舎ではエンゼルスで大谷の同僚としても知られるメジャー通算302本塁打を誇る同じ右打者のマイク・トラウトの動画を見て「格好いい」とイメージを膨らませ、「トラウト級」の一撃だ。

 千載一遇のチャンスだ。6年連続で開幕三塁スタメンの中村が左ふくらはぎの違和感で実戦出場のめどが立たず。昨季36試合で三塁手として先発したスパンジェンバーグも来日未定で「そうなったら一番うれしいこと」としっかり開幕スタメンを視界に捉えている。

 課題も明白だ。第3、第4打席は変化球に空振り三振し「考え方をもう一度見直したい」と反省。辻監督からは「元気を出せ!」と指令も受けており、対戦相手の「熱男」こと松田を手本に「ホットコーナーを守っている以上、元気を出して、ハツラツとした選手になれるように頑張っていきたい」。開幕まで残り18試合。名前に負けないインパクトを自慢のバットで刻んでいく。(花里 雄太)

 ◆タイシンガー・ブランドン大河(たいが)1998年(平10)6月15日生まれ、沖縄県うるま市出身の22歳。石川(沖縄)では高校通算18本塁打。東農大北海道オホーツクでは1年春からベンチ入りし、3年春から3季連続(4年春は中止)で首位打者を獲得。ベストナインに5度選出された。遠投110メートル。50メートル走5秒9。1メートル79、84キロ。右投げ右打ち。

 ▼西武今井(2番手で3回を無安打無失点に抑え、最速で154キロを計測)初の対外試合にしては真っすぐも強いボールがいった。全体的に良かった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月24日のニュース