阪神・矢野監督「ファーストもできるな、と見ていて思う」、サンズの一塁守備に合格点

[ 2021年2月24日 05:30 ]

練習試合   阪神1ー4DeNA ( 2021年2月23日    沖縄・宜野座 )

<阪神キャンプ>ファンからの応援イラストの中に、前日のロングティーで使われた北川打撃コーチの写真が紛れて張られる(左は見つめる矢野監督)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 【23日の阪神・矢野監督語録】

 ▼サンズが初実戦で一塁守備も もともとハンドリングはうまいしね。ボールを捕っているのを見ても、ファーストもできるなというのは見ていて思う。勝負強いバッターなんでね。そういうのが、これからもっと上げて行ってもらえたら。ファーストも、もっと見たい。(マルテも一塁で)次の2試合のどっちかは連れていく。

 ▼今クールは藤浪&秋山が好投 秋山も去年2桁勝って、さらに上を目指すという自覚、意識で練習をやっている姿もしっかり見えている。シンタロウ(藤浪)に関しては去年からワンランクしっかりステージが上がったかなと。今年に関しては勝てるところまで来たかな、という手応えを僕自身もつかんでいますし、シンタロウ自身もね。

 ▼最終クールで求めること キャンプ自体は次のクールで終わりますけど、僕たちがやることは、まずは開幕に向けて、いい準備していくことなんでね。最後のクール、もう1回上げていって、オープン戦、さらに開幕に向けて最高の準備ができるように。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月24日のニュース