四国王者の明徳義塾 初戦は東北王者の仙台育英と激突 米崎主将「一戦必勝で優勝を」

[ 2021年2月24日 05:30 ]

第93回選抜高校野球大会組み合わせ抽選会 ( 2021年2月23日 )

対戦相手が決まり、感想を述べる明徳義塾の米崎薫暉主将(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 昨秋の四国王者である明徳義塾は、東北王者の仙台育英との強豪対決が実現した。

 元近鉄、阪神の米崎薫臣氏を父に持つ主将の米崎薫暉(くんが)は「自分たちがどのような野球をするかが課題。しっかり調整していきたい。一戦必勝で優勝を目指す」と初戦に勝って勢いを付ける。

 エース左腕・代木大和は昨秋公式戦の防御率0・58の勝てる投手で、20度目出場で初の選抜Vへ期待がかかる。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月24日のニュース