マリナーズ球団社長が辞任、岩隈特命コーチらに侮辱発言

[ 2021年2月24日 05:30 ]

差別発言で辞任したマリナーズのケビン・マザー氏(AP)
Photo By AP

 マリナーズは22日(日本時間23日)、岩隈久志特命コーチらを侮辱するような発言をしたケビン・マザー球団社長が辞任したと発表した。5日に行われた地元での講演で岩隈コーチについて「英語がひどかった。彼の通訳にお金を払うのはもう嫌だ」などと話したのが動画で出回り、批判を浴びて謝罪していた。

 同社長は他にも問題発言を連発。ジョン・スタントン会長は「心から謝罪し、信頼回復に努めたい」と述べ、岩隈コーチはSNSで「僕はあまり気にしない性格」としながらも通訳については「彼は僕がマ軍に所属するずっと前からマ軍の球団職員として働かれていました」と指摘した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月24日のニュース