具志川商 八戸西との21世紀枠対決に自信 粟国主将「自分たちの野球を」

[ 2021年2月24日 05:30 ]

第93回選抜高校野球大会組み合わせ抽選会 ( 2021年2月23日 )

対戦相手が決まり、抱負を述べる具志川商の粟国主将
Photo By 代表撮影

 初出場の具志川商(沖縄)は、八戸西(青森)との21世紀枠対決。粟国(あぐに)陸斗主将(2年)は「相手は攻守がいいが自信はある。守備から流れをつくる自分たちの野球をやりたい」と表情を引き締めた。

 抽選後は、さっそく昨秋の東北大会の動画をチームでチェック。粟国主将は「目線が高くなる。ボールの見極めが大事」と、八戸西のエースで1メートル89の長身右腕の福島を警戒した。

 沖縄も新型コロナウイルスの影響下で、独自の緊急事態宣言中。リゾート観光科もあり、卒業後は観光業に就く生徒も多い。

 同校OBでもある喜舎場正太監督は「コロナとどう向き合うか野球を通じて学んでほしい」と、選手の成長に期待した。(君島 圭介)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月24日のニュース