“球児に代わって井上” 甲子園大声援も次世代スターは凡退 初の親子ゲームは2安打1打点

[ 2020年10月21日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1-5広島 ( 2020年10月20日    甲子園 )

<神・広21> 6回1死、井上は遊ゴロに倒れる (撮影・平嶋 理子)                                                           
Photo By スポニチ

 阪神・藤川復帰登板の余韻が残る直後の攻撃。場内アナウンスで再び甲子園は沸き立った。「9番、藤川に代わりまして、井上」。猛虎の屋台骨を担うバトンが、守護神から未来の主砲に受け継がれた瞬間だった。

 5回まで無安打投球と圧巻の投球を見せていた九里に対してフルカウントまで粘り、最後は内角寄りのシュートに詰まらされて遊ゴロ。2安打目は持ち越しても、先輩たちが苦しんだ九里の内角球を体感し、また着実に経験値を積み重ねた。

 午後にはオリックスとの2軍戦にも出場し、プロでは初の“親子ゲーム”も経験した。定位置の「4番・右翼」で先発し、4回2死二塁では今季1軍で4勝を挙げている左腕・山崎福から左前適時打するなど4打数2安打1打点だった。

 「やっぱり上で試合に出してもらうと、1球で仕留めないと何球も打てるボールが来ないって分かった。追い込まれてから甘いボールとかないんですけど、ファームだとあったりする。それをいかに、どうやって打つか、今日は意識していました」

 1軍で過ごした時間が糧になっていることを証明するマルチ安打と言えた。22日まで3日連続で1日2試合を消化する予定。全ての経験が近い将来に活躍するための血肉と化す。 (阪井 日向)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月21日のニュース