阪神 反撃遅すぎた 8回まで1安打に矢野監督「ちょっとあっさり抑えられた」

[ 2020年10月21日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1-5広島 ( 2020年10月20日    甲子園 )

<神・広21>9回、選手交代を告げてベンチに戻る矢野監督(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 遅すぎた反撃が致命的だった。九里に対して8回1/3で4安打1得点。辛うじて零封は阻止しても淡泊な攻撃が勝敗に直結した。8回までわずか1安打。打線の沈黙に阪神・矢野監督も悔しさを見せた。

 「ちょっとあっさり、バッターの方も抑えられたし、もちろん、点の取られ方も良くなかった。1点、2点と取っていれば、向こうも後ろはあまり安定感はないのでね。嫌な展開には持っていけたんやろうけど…」

 5回2死でボーアが四球を選ぶまで一人も走者を出せなかった。続く坂本は初球のシュートを打ち損じて投飛。6回2死で近本が初安打した後も、続く板山が初球を凡打。見逃せばボールかもしれないツーシームに手を出して三ゴロに倒れた。「あっさり」の言葉が象徴するような打撃が続いた。

 3者凡退は6度を数え、19日のヤクルト戦に続いて1得点に終わった。既に15年ぶりリーグ優勝奪回は絶望的な状況でも、Aクラス死守には打線の奮起が必要不可欠だ。 (山本 浩之)

 《空気変えた球児には敬意》矢野監督は5回まで無安打に沈んでいたチームの空気を変えた藤川への敬意を言葉で表した。「1回、1回がファンの人にも特別だし、球児にとっても俺らチームメートにとっても特別な登板になっていく。いい空気感をつくってくれた」。投げ終えた直後の6回に初安打が生まれ、9回には意地の完封阻止。「その後の中継ぎも頑張ってくれたのでね。最後多少(チャンスを)つくれたのはそういうところが頑張ってくれたからかな」と“球児効果”を感じ取っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月21日のニュース