ロッテ・レアード 米国で腰椎椎間板ヘルニア手術

[ 2020年10月21日 17:36 ]

ロッテ・レアード
Photo By スポニチ

 ロッテは、腰の違和感で米国に帰国中のブランドン・レアード内野手(33)が、現地時間19日(日本時間20日)にアリゾナ州の病院で腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けたと発表した。

 レアードは今季が2年契約の1年目。8月に帰国し、井口監督は今季中の復帰は難しいとの見解を示していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月21日のニュース