ソフトバンクにマジック8点灯 強すぎる9年ぶり10連勝 最短Vはセの巨人と同じ25日

[ 2020年10月21日 22:12 ]

パ・リーグ   ソフトバンク9-1日本ハム ( 2020年10月21日    札幌D )

<<日・ソ>7回2死一、二塁、適時打を放つ柳田(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが逆転勝ちで11年5月から6月にかけて記録して以来、9年ぶりの10連勝を飾った。ロッテが西武に敗れたため、優勝マジック8が点灯した。

 打線は0-1で迎えた5回1死二塁から周東が左中間へ同点三塁打。続く中村晃の右翼への飛球で快足を飛ばして本塁を陥れた。周東は2回の守備で、先頭の中田の打球をファンブル。先制点につながる失策をおかしたが、そのミスを取り返した。

 2-1で迎えた7回2死一、二塁で柳田が堀から中前適時打。さらにグラシアルが西村から中堅フェンス直撃の2点二塁打を放って、この回3得点で試合を決めた。

 先発の千賀は7回途中を7安打1失点(自責0)で9勝目。救援陣も無失点でつないだ。

 最短優勝は25日となる。もう2位以下を気にする必要はない。投打がかみ合い、3年ぶりのリーグ優勝へ向け着実に歩を進めるだけだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月21日のニュース