ロッテ 痛っ!失策で痛恨サヨナラ負け 首位ソフトBに6.5歳 西巻とマーティンが交錯

[ 2020年10月21日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ1―2西武 ( 2020年10月20日    メットライフD )

<西・ロ>9回2死二塁、山野辺の打球を西巻(右)とマーティンが交錯して落球し、サヨナラ負けとなる(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 無情にも打球はポトリと落ちた。痛恨のサヨナラ負けに、ロッテ・井口監督は「最後は声の連係ですからね。あの辺をしっかりやらないといけない」と静かに振り返った。

 同点の9回2死二塁で、守護神・益田は9番・山野辺を力ない飛球に打ち取ったように思ったが、右翼手マーティンと懸命に後退した二塁手・西巻が交錯。記録はマーティンの失策となった。

 1年前にも同じようなシーンがあった。19年9月15日の西武戦で延長11回2死から木村の飛球を左翼手・加藤と中堅手・荻野が激突し、そのまま生還。会心の同点劇の直後だっただけに、悪夢がよみがえると同時に、ショックも膨らんだ。

 打線は8回まで3安打と沈黙したが、0―1の9回2死一、二塁で田村が中前へはじき返した。井口監督の執念の采配だった。先頭・安田が四球を選ぶと、代走・和田を起用。ベテラン角中には送りバントを命じた。中村奨に清田、井上には福田秀を代打に送った。

 「2人には(代打を送った意味を)感じてほしい。優勝争いしている中でもっと熱くならなければ」。調子の上がらない生え抜きを代えてまでつくったチャンスに、田村が同点打を放ったのだ。

 この日から新型コロナウイルスに感染した荻野、藤岡が復帰。レギュラーはそろったが、手痛い敗戦を喫した。首位ソフトバンクと6・5ゲーム差。21日の結果次第で自力優勝の可能性が消滅する。(横市 勇)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月21日のニュース