ドジャース・ベッツ 好走&右越えソロアーチで勝利に貢献!

[ 2020年10月21日 13:29 ]

ワールドシリーズ   ドジャース8―3レイズ ( 2020年10月20日    アーリントン )

5回に好走塁を見せたドジャースのベッツ(AP)
Photo By AP

 大リーグは20日(日本時間21日)、米テキサス州アーリントンのグローブライフ・フィールドでワールドシリーズ(WS)が開幕し、ドジャースとレイズが激突。それぞれリーグ最高勝率を誇った両軍のWS初対決は、ドジャースが8―3で先勝した。

 ド軍の1番打者、ムーキー・ベッツ外野手(27)は、1点差に迫られた5回無死から四球で出塁すると、二盗、三盗を立て続けに成功。マンシーの一ゴロでタッチをかいくぐり生還した。さらに5点リードの6回無死からは右越えソロを放った。

 プレーオフに入り、右翼の守備では、ブレーブスとのリーグ優勝決定シリーズ第6戦、第7戦であわや本塁打かという飛球をフェンス際でジャンプして捕球する2試合連続のスーパープレーを披露。リードオフマンとして走攻守でチームを引っ張っている。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月21日のニュース