阪神・北川2軍打撃コーチ 岩隈は「僕の中で最初のエース」 近鉄戦士の引退惜しむ

[ 2020年10月21日 05:30 ]

04年、ヒーローインタビューでファンの声援にこたえる大阪近鉄バファローズの岩隈久志投手(右)と北川博敏内野手
Photo By スポニチ

 阪神の北川2軍打撃コーチが近鉄時代の同僚だった岩隈の引退を惜しんだ。

 「僕の中で最初のエース。負けさせたらアカン気持ちで打ってた記憶があるし、球界を代表する投手になるだろうなという思いもあった」。

 代打逆転サヨナラ満塁優勝決定本塁打を放った01年は岩隈が1軍デビューして4勝。「いきなり救世主のように出てきて。気持ち良さそうに投げていたイメージしかない」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月21日のニュース