阪神・球児 若手に背中で見せた「最後にチャンス残すことができるのも、大きな仕事」

[ 2020年10月21日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1-5広島 ( 2020年10月20日    甲子園 )

<神・広21>6回、無失点に抑え、ファンの声援に手を振って応える藤川(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神の藤川球児投手(40)が20日の広島戦で引退表明後初めて登板し、1回を1安打無失点に抑えた。1軍では8月10日のDeNA戦以来、71日ぶり。計12球のうち最速147キロを計測した直球が11球を数え、完敗の中で精いっぱいの“火の玉”を本拠地のファンに届けた。残り17試合。あと何度、勇姿を見られるだろうか。

 【藤川球児に聞く】
 ――引退表明後、初の1軍登板で歓声もすごかった。
 「マウンド(上で)は普段の自分ではないので、いくら歓声を感じようと思っても消えますね。打者は入るし。そういうふうに感じました。あまり(歓声は)感じなかった」

 ――今までと違う雰囲気があった?
 「いやいや、それはないかな。いつも十分に声援はもらっていたし、感じられていないわけだから。投げられる限り、頑張っていきたいと思います。(登板は)久しぶり、かなり久しぶりかな。10月1日(ウエスタン・リーグ、オリックス戦)以来かな、試合は。なので、それでこれぐらい、最後にもっと上がっていけるように、いいものを見せられるように頑張りたいです」

 ――劣勢の雰囲気を変え、最終回の反撃につなげた。
 「やっぱり、しばらくベンチにいなかったんで。ただ、自分は分からないから。マウンドに帰ってきて、“球児さん、帰ってきて(チームが)元気になってました”ということもあったし、その後のピッチャーも。(伊藤)和雄から、みんなで頑張ってきて。(谷川を含めて)2人には“こういう仕事があるんだよ”と。最後にチャンスを残すことができるというのも、大きな一つの仕事だから。1点を取られたとかはないし。みんなでつながって、能見さんまで、今日つながって、自分たちが継投できたというのは。リリーフの、みんなで組んでいくという意味で、ゲームを壊さないというかね」

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月21日のニュース