楽天・ブセニッツ被弾…またも救援失敗 西武に3位で並ばれる

[ 2020年10月21日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天2―2オリックス ( 2020年10月20日    楽天生命 )

<楽・オ>9回、伏見にソロ本塁打を浴びる楽天・ブセニッツ(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天の先発・則本昂が7回1失点と好投も9回にブセニッツが伏見に同点ソロを被弾し、8月28日以来となる白星は霧消した。守護神はここ3試合で2度目の救援失敗。

 今季5度目の引き分けに終わった三木監督は「一番信頼している投手。(今後も)僕はブセニッツに(抑えで)頑張ってもらう気持ちでいる」と語り、則本昂については「直球の強さが則本らしくなっている」と話した。CS圏内の2位・ロッテとは5ゲーム差に縮まったが、西武に3位で並ばれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月21日のニュース