阪神・マルテ復帰即決勝2ラン 青柳は約2カ月ぶり勝利

[ 2020年10月21日 20:52 ]

セ・リーグ   阪神2―0広島 ( 2020年10月21日    甲子園 )

<神・広>初回1死一塁、マルテは先制2ランを放つ (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 阪神は左ふくらはぎ痛から復帰したマルテの3号2ランが決勝点となり、広島に勝利した。

 初回1死一塁から遠藤の高めスライダーを完璧に捉え、左中間席に運んだ。7月4日の広島戦以来、109日ぶりに1軍のスタメンに名を連ねたM砲が復活の一撃を放ち、チームでは17年の113本塁打以来、3年ぶりの3桁本塁打となった。

 先発の青柳は5回2/3を無失点。安打は初回先頭で田中広に許した左前打のみの好投で8月27日中日戦以来、約2カ月ぶりの7勝目を手にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月21日のニュース