中日 守護神R・マルティネス抹消 セーブ王争いに危機

[ 2020年10月21日 16:21 ]

中日のR・マルティネス
Photo By スポニチ

 中日は21日、ライデル・マルティネス投手(24)を体幹のコンディショニング不良として出場選手登録を抹消した。

 阪神のスアレスと並び、リーグトップの21セーブをマークしているが、タイトル争いから離脱することとなった。

 R・マルティネスは20日にコンディショニング不良が発生。試合前練習に参加しなかった。この日も2日続けてグラウンドに姿を見せなかった。

 与田監督は20日のDeNA戦後、「いろんなコンディショニングのこと」と詳細を明かさなかったが、守護神にアクシデントがあったことを示唆していた。最速161キロを誇る右腕は最後の登板となった17日の広島戦(マツダ)は最速154キロにとどまっていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月21日のニュース