レイズ・グラスナウ 5回途中3安打も自己ワースト6四球の乱調、6失点で降板

[ 2020年10月21日 13:41 ]

ワールドシリーズ   レイズ3―8ドジャース ( 2020年10月20日    アーリントン )

<ドジャース・レイズ>レイズ先発のグラスノー(AP)
Photo By AP

 大リーグは20日(日本時間21日)、米テキサス州アーリントンのグローブライフ・フィールドでワールドシリーズ(WS)が開幕し、レイズは3―8でドジャースに敗れた。筒香嘉智外野手(28)は出場機会がなかった。

 レ軍の先発右腕タイラー・グラスナウ(27)は5回途中で6失点で降板。打たれた安打は3本だったが、メジャー5年目で自己ワーストとなる6四球を与える乱調だった。

 チームにとっては、08年以来12年ぶり2度目のワールドシリーズ進出。球団創設23年目で初の世界一に向け、初戦とものにしたいところだったが、かなわなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月21日のニュース