ロッテ・マーティン 走塁で左足負傷、痛みに顔ゆがめ…背負われベンチへ

[ 2020年10月21日 20:05 ]

パ・リーグ   西武―ロッテ ( 2020年10月21日    メットライフD )

<西・ロ>7回無死一、三塁、遊ゴロを放ったマーティンは併殺を避けようと一塁に駆け込んだ時に左足を痛め苦悶の表情を浮かべる(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ロッテ・マーティンが7回の走塁中に左足首付近を痛め、そのまま退場した。

 無死一、三塁で遊ゴロ。併殺を避けようと必死に左足をベースへ伸ばしたマーティンだったが、ベースを踏んだ際に足を痛めた。

 そのまま倒れ込み、痛みに顔をゆがめた助っ人。清田に背負われて、そのままベンチに戻った。

 7回の守備からは代わって福田秀が右翼に入った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月21日のニュース