巨人とソフトの同日Vなるか 過去には3度あり 達成なら62年ぶり

[ 2020年10月21日 22:21 ]

パ・リーグ   ソフトバンク9-1日本ハム ( 2020年10月21日    札幌D )

セ・パ同日優勝を報じる1958年10月3日付のスポニチ1面
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが11年以来9年ぶりの10連勝。優勝へのマジックナンバー8を初点灯させた。マジック対象のロッテは残り16試合に全勝しても71勝47敗2分けの勝率・602止まり。ソフトバンクが残り14試合のうち、ロッテとの6試合に全敗しても、それ以外の8試合に全勝すれば70勝45敗5分けの勝率・609となりロッテを上回るため。ソフトバンクの最短Vは25日となる。セ首位の巨人の最短Vも25日だ。

 両リーグ同日Vは過去3度ある。51年9月23日にセは巨人、パは南海が優勝したが、これは日米野球のため残り試合打ち切りで自動的に優勝が決まった。

 2度目は54年10月19日。セは中日でパは西鉄。中日は試合がなく、他球団の状況で優勝。西鉄は阪急を下して優勝を決めた。

 3度目は58年10月2日のセの巨人とパの西鉄。巨人は試合がなく、他球団の状況で優勝決定。西鉄は近鉄を下して優勝を決めた。

 今年同日Vなら62年ぶり4度目となるがどうか。なお、パが前後期制を採用していた81年には9月23日に日本ハムの後期優勝と巨人のリーグ優勝が決まった例もある。

 新型コロナウイルスに揺れた今季、歴史に残る優勝決定の瞬間が訪れるのか、注目される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月21日のニュース