ドジャース・カーショー 6回2安打1失点の好投!PS通算12勝目&200奪三振マーク

[ 2020年10月21日 12:41 ]

ワールドシリーズ   ドジャース8―3レイズ ( 2020年10月20日    アーリントン )

<ドジャース・レイズ>ドジャース先発のカーショー(AP)
Photo By AP

 大リーグは20日(日本時間21日)、米テキサス州アーリントンのグローブライフ・フィールドでワールドシリーズ(WS)が開幕し、ドジャースとレイズが激突。それぞれリーグ最高勝率を誇った両軍のWS初対決は、ドジャースが8―3で先勝した。

 ド軍の先発左腕、クレイトン・カーショー(32)は6回2安打1失点と好投。ポストシーズン(PS)では史上2人目の通算200奪三振を達成した。リーグ優勝決定シリーズでは背部の痛みで第2戦の登板を回避し、第4戦で負け投手になったが、大事な一戦でサイ・ヤング賞3度の力を発揮した。

 これまでレギュラーシーズンで通算175勝76敗という好成績を残しているのに対して、ポストシーズンでは通算11勝12敗だったが、この日の勝利で12勝12敗の五分に戻した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月21日のニュース