オリックス・大城、今季1号が千金弾「正尚が控えていたのでどうにか塁に出ようと」

[ 2020年10月21日 21:48 ]

パ・リーグ   オリックス6―5楽天 ( 2020年10月21日    楽天生命パーク )

9回2死、ソロ本塁打を放つオリックス・大城 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 オリックスは5―5で迎えた9回に大城が勝ち越しの今季1号ソロを放ち、楽天に競り勝った。

 「2アウトで後ろに(吉田)正尚が控えていたのでどうにか塁に出ようと思って打席に入りました」と振り返った大城。ボールカウント3―1から楽天5番手の松井が投じた5球目をレフトスタンドへ運ぶ値千金の一発となった。

 最後にファンに向けて「残り試合も少ないですが最後までチーム一丸となって戦っていくので応援よろしくお願いします」とメッセージを送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月21日のニュース