フォークで150キロ!藤浪進化が止まらない 1回無失点で8試合連続零封

[ 2020年10月21日 20:42 ]

セ・リーグ   阪神―広島 ( 2020年10月21日    甲子園 )

<神・広>8回、4番手で登板した藤浪 (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 今宵も阪神・藤浪の名前がコールされると甲子園が沸いた。

 2―0の8回から登板。先頭の田中広の3球目はフォークで150キロを計測。続く4球目はこの日最速の161キロを計測したが、その後の145キロフォークを中前打された。続く羽月が犠打で1死二塁としたが、鈴木には4球カットボールを続けて見逃し三振。松山も3球直球で空振り三振に抑え、8試合連続無失点とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月21日のニュース