広澤克実氏 阪神・小幡は「金本ロード」歩むべき 課題の打撃克服へ、筋トレで鉄人になれ

[ 2020年10月21日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1-5広島 ( 2020年10月20日    甲子園 )

<神・広21>2回1死一塁、サンズとの中継プレーで西川の生還を阻む小幡(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 【広澤克実 視点】3打数無安打に終わったが、小幡に大きな可能性を見いだした。抜群のセンスとバネを持ち合わせている彼には、「金本ロード」を歩んでほしいと期待する。

 試合の中の動きを見るかぎりでも、随所に好プレーを見せた遊撃の守備力と脚力には前評判通り、非常に光るものを感じた。この2つに関しては、彼の才能に任せればいい。放っておいても上達していくことだろう。

 対照的に、課題は打撃だ。高卒2年目としては及第点のレベルにあるが、今のままでは上積みが望めない。その一大要因は、ヘッドスピード不足だ。150キロの球を投げる投手が続々と出てくるプロの世界で、あのスピードでは、物理的に間に合わない。ヘッドスピードを上げるには、やはりウエートトレーニングが必要だ。プロの速球や多様な変化球に対応するためには特に上半身、中でも前腕の強化が必須。技術面を含めた打撃というのは、そこから始まる。

 打順は8番だったが、あの脚力に打撃が加われば、1、2番を打てる。将来的にパワーが付けば3番も目指せる素材だ。その小幡に手本にしてほしいのは金本知憲。彼も入団時は細かったが、そこに鋼の筋肉を付け、4番打者にまで成長した。その成長過程が、いい模範になるはずだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月21日のニュース