広島・坂倉 攻守で九里援護 苦手の左腕から2安打で打率.299まで上昇

[ 2020年10月21日 05:30 ]

セ・リーグ   広島5-1阪神 ( 2020年10月20日    甲子園 )

<神・広21> 2回1死一塁、坂倉は左越え二塁打を放つ (撮影・平嶋 理子)                                                         
Photo By スポニチ

 女房役の広島・坂倉が先発の九里を攻守でアシストした。

 2点を先制した3回はなおも2死満塁。ガルシアにカウント1―2と追い込まれたが、4球目の内角低め146キロをとらえ、投手強襲の2点適時打とした。

 「九里さんが頑張っていたので追加点につながって良かったです」。

 試合前まで対左投手は打率・182だったが、2回の左越え二塁打とあわせ左腕から2安打。打率は・299まで上昇し、10日のヤクルト戦以来となる3割復帰目前となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月21日のニュース