西武・山野辺 敵失でサヨナラ勝ちに「ツイてますね」 高橋朋が引退発表「何とか勝ちたかった」

[ 2020年10月21日 05:30 ]

パ・リーグ   西武2―1ロッテ ( 2020年10月20日    メットライフD )

<西・ロ>サヨナラ打を打った山野辺を迎える西武の選手たち(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 西武・山野辺が打ち上げた平凡な飛球が、幸運な9回サヨナラ勝ちを呼んだ。楽天と同率ながら、7月31日以来となる3位に浮上。山野辺は「ツイてますね」と喜んだ後、「朋己さんのこともあり、何とか勝ちたかった」と続けた。試合前、かつての守護神・高橋朋が引退を発表。ナインの思いは一つだった。

 8回の1イニングを無失点に抑え、連続無失点を17回に伸ばした平良も同じだ。高橋朋を慕っていた右腕は、これまで通り兄貴分と同じE―girlsの「Follow Me」を登場曲に使用。ファンからも、これまでと同様に「ともみ」のタオルを振って応援された。「引退は今日、本人から試合前に聞きました。びっくりした」。26ホールド目を挙げ、新人王も視野。「とにかく無失点を続ける」と気迫の投球を先輩にささげた。

 ▼西武・高橋光(7回を3安打無失点で勝敗は付かず。登板3試合を連続無失点)粘り強く投げることができた。大事な試合だったので、最少失点でと思っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月21日のニュース