セーブ王に暗雲…中日 R・マルティネス コンディショニング不良発生 与田監督詳細伏せる

[ 2020年10月21日 05:30 ]

セ・リーグ   中日6-1DeNA ( 2020年10月20日    ナゴヤドーム )

コンディション不良とみられる中日のR・マルティネス
Photo By スポニチ

 中日のR・マルティネスにコンディショニング不良が発生し、白熱のタイトル争いに暗雲が垂れこめた。試合前練習には不参加。ベンチ入りメンバーには名前を連ねた一方、病院を受診していたとみられ、与田監督はDeNA戦後に「リリースする話はない」と詳細は伏せた。

 4―1の8回に2点を追加したことで9回は祖父江が登板。仮にセーブを得られる3点差のままでも登板は難しかった模様で、「いろんなコンディショニングのことで、起用をいろいろ変えている」とだけ説明した。

 R・マルティネスは阪神・スアレスと並んでリーグトップの21セーブ。来日4年目で初タイトルの期待も膨らんでいた残り16試合へ状態が心配される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月21日のニュース