ドジャース・ベリンジャー 4回先制2ラン!リーグ決定S第7戦に続く2試合連続決勝弾

[ 2020年10月21日 12:55 ]

ワールドシリーズ   ドジャース8―3レイズ ( 2020年10月20日    アーリントン )

<ドジャース・レイズ>4回1死二塁から中越え2ランを放ったドジャース・ベリンジャー(AP)
Photo By AP

 大リーグは20日(日本時間21日)、米テキサス州アーリントンのグローブライフ・フィールドでワールドシリーズ(WS)が開幕し、ドジャースとレイズが激突。それぞれリーグ最高勝率を誇った両軍のWS初対決は、ドジャースが8―3で先勝した。

 ド軍のコーディー・ベリンジャー外野手(25)は両軍無得点で迎えた4回1死二塁から、レ軍先発右腕グラスノーの初球の直球をジャストミート。中堅右に叩き込む先制2ランでチームを勢いづけた。

 18日(同19日)のブレーブスとのナ・リーグ優勝決定シリーズ第7戦では同点の7回2死から勝ち越しの右越えソロを放っており、この日の一発で2試合連続決勝弾となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月21日のニュース