DeNA、初のハマスタCS!!最多動員に支えられ98年V以来の2位以上

[ 2019年9月25日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA7―1中日 ( 2019年9月24日    ナゴヤドーム )

<中・D>CS進出を決め、コーチ陣と握手するラミレス監督(右から2人目)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ついに、本拠地の横浜スタジアムでCS開催だ。投打がかみ合い、CS進出に加え、2位を確定させたDeNA・ラミレス監督の頬が緩んだ。

 「ベリーハッピー。一番の目標にしていた優勝は達成できなかったが、シーズン序盤の不調を思うとここまで来られてうれしく思う」。大一番でルーキーが光った。ドラフト3位・大貫が5回1安打1失点。ストライク先行の投球で約2カ月ぶりの6勝目を手にした。ここ2試合は3回持たずにKO。巨人との優勝争いの中で力になれず「後半戦、悔しい思いをしたし、迷惑をかけた」とふがいない自分を責めた。21日の巨人戦をテレビ観戦し、原監督の胴上げを目に焼き付けた。CS確定を前に3連敗していたチームを救い「僕もうれしいし、チームもCSが決まって良かった」と安どした。

 5月の最大借金11から巻き返し、球団の悲願を達成した。2位以上となるのは優勝した98年以来。07年から始まったCSを初めて本拠地で戦える。「ホーム開催は凄くいいこと」とラミレス監督。今季本拠地では70試合で43勝26敗1分け、勝率・623と強さを誇り、さらに満員のファンがついている。今年から右翼後方にウイング席が作られ、連日満員御礼。3万人を切ったのは前日の振り替え試合だった19日広島戦のみで、既に球団史上最多観客動員数を達成している。指揮官は「勢いに乗って、(巨人との)ファイナルSに進みたい」と誓った。

 2年前は3位からの「下克上」で日本シリーズに進出。今年はハマスタの後押しを受けて「2位からの日本一」へ駆け上がる。(町田 利衣)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月25日のニュース