巨人・高橋、四死球反省「チームが勝てるように準備したい」 原監督は及第点評価

[ 2019年9月25日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人0―5阪神 ( 2019年9月24日    甲子園 )

6回無死二塁、糸原の右前適時打を浴び肩を落とす高橋(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 今季最後となった伝統の一戦は零敗に終わった。ドラフト1位左腕・高橋は6回途中3失点で9奪三振は光ったが、一方で5四死球と制球も乱した。初回先頭打者に死球を与えたことなどを反省し「CSで投げさせてもらえるならチームが勝てるように準備したい」。

 今季は5勝(7敗)を挙げ、腰痛で離脱中の菅野、山口、桜井に次ぐ先発としてCSでも期待される。原監督は「印象としては悪くない」と及第点を与えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月25日のニュース